各種生き物が現れるテレビ番組を見た

19シチュエーションくらいから企画されていた、動物のTVを見ました。今回は、とある他人が野犬をいよいよ見に行くカーブをやっていました。養うのには、ずいぶん腹積もりが要ることが分かりました。しかし、そのカーブを見ようと思いましたが、そのカーブに出ている他人がそれほどいいイメージではなかったので、見極めるのをやめて、他のテレビ局を見ていました。そして、少ししてまた動物のTVに変えると次は、とある他人が保護されてある犬のことをやっていました。とある他人が40匹に大きなパラディソをつくっていました。前までは、そういった考え方が無く真別な考え方でしたが、本当はいい人ですなと思いました。未だに犬は、他人になれていないのか恐ろしいのかなと思いながら見ていました。次は、動物の面白い画像を紹介するカーブをやっていました。各回思うんですが、賢く撮れているなと思いながら見てある。他には、各種動物のベビーが現れるカーブもやっていました。ミュゼ 100円 いつまで

BGM系の第三国ドラマを久しぶりに見ていました

異国ドラマを見てからサパーを食べました。アルティメットで買ってきた、お魚のソーセージを食べました。アルティメットで2つ買いました。なので2つとも食べました。食べ方は、揚げてから食べました。久しぶりに食べました。白めしを炊いたのでお魚のソーセージと一緒に食べました。その次に、歌を歌いました。洋楽の曲や韓国の曲を歌いました。そして、次に「glee」という異国ドラマを見ました。こういう異国ドラマは、ずっと前から見たことがあったのですが、今で最後時節でした。途中で結構亡くなったキャストもいたので、残念でした。それでも相変わらず、見ていてもすごく面白いですし歌を歌うところが途中であるんですが、自分も歌いたくなります。「アナとスノーの女帝」の曲の「let it go」がかかっていて、ふっと一緒に歌ってしまいました。他にも知っている曲がいくつかありました。その曲も歌ってしまいました。久しぶりにこういう異国ドラマを見ました。ミュゼ vio 値段

宝井理人さんの「テンカウント5巻」を買いました…!

テンカウント5巻を買いました…!

いや、言うほど私は熱血ファンじゃないので
発売日は知ってたものの、その日じゃなくてもお金あるときに買いたいな?くらいで
大学の帰りに立ち寄った本屋さんで売ってたので買ったという感じでした。

ネタバレにならない程度に感想言うと
本当えっち過ぎませんかね!?!?!?!?!って感じで
今回過激な描写があったのですが
なんというか…宝井理人さんのあの綺麗な絵柄であんなシーンは
なかなか…ヤバイです(私の語彙力のなさもヤバイ)

過激なんですけど繊細で綺麗なんですよ???!!!
本当見せられないアレなシーンですが見て!!見て!!ってくらいに綺麗で丁寧です。
語彙力が死んでてすみません…本当に良かったんです。

絵柄だけでなくストーリー的な感想を言いますと
黒瀬と城谷の関係がもつれていたのが解決した感じと
加えて黒瀬の過去が明かされるので
ああそうだったのね…!というのがありました。
あと城谷の成長?というか吹っ切れたというのが正しいのでしょうか
「良かったね…良かったね…ウッ(泣)」って私はなりました…本当二人とも仲良くやっていけよ!!!!

ただ最後また続きが気になる終わり方をしていました。
正直まだ続くんかい!と思いましたが、結構布石多いのでなんだかんだ気になります。
BLで5巻以上続くって長いな?って思うのは私だけでしょうかね?

宝井理人さんのBL本は
「花のみぞ知る」全巻と「セブンデイズ」全巻
花のみぞ…の続編っぽい「花のみやこで」を持っているのですが
一番いいのは「花のみぞ知る」ですね…!
あまり詳しくないのですが宝井さん個人で描いたBLはこれが初だったはず…?(間違ってたらすみません)
BLとしての話も最高に素敵で感動して泣いたくらいなんですけど
背景で植物とかよく出てくるのですが描写がとっても綺麗なんです…!
カラーの表紙や口絵とかも本当綺麗なんですけど、本文の白黒でも緻密で丁寧な描写をしていて
宝井理人さんといえばとても丁寧な絵柄のBL作家さんというイメージがこれで付きました。

逆に今連載している「テンカウント」はオフィスや病院などの背景が多いので
直線的でシャープな丁寧さはあるんですが
完全に「花のみぞ知る」とは真逆の雰囲気を持った作品で
正直テンカウント1、2巻を読んだ時は
なんか宝井さんっぽくないな?なんて思いました。

話の雰囲気もだいぶ違いますね…
「花のみぞ知る」は大学生同士で同性愛ならではの苦悩の描写もありつつ
お互い好きになってめでたし、という感じで過激な要素一切ないラブストーリーでしたが
「テンカウント」の方はちょっと歪んだ恋愛観に加え、S気のある攻めとM気のある受けで
あざといくらい性的な要素多いです。えっちなBL好きな人に受けそうな感じです。

なのでテンカウント5巻まで買いましたが…花のみぞ知るが好印象だった読者の一人としては
正直この先どんな風になるんだろうと不安ですね…綺麗に完結して欲しいのです。

熱血ファンではありませんが一読者の謎のこだわり暴露な文章になってしまいましたが
次の6巻がいろんな意味で待ち遠しい5巻でした(⌒-⌒; )キャッシング 即日

芸能人業界を見ていると、こういうことに気がつきました

AKB系統などタレントの乙女群れを見ていて感じるのですが、国内という量からすると、ほんの少しの頭数なのに、丸ごとな表情の子供や人名が同じな子供が多いですよね。人名だったら麻衣、表情だったら欅坂の小林由依さんと乃木坂の西野七瀬さんとか。ここで羅列しても貧弱のであれですけど。ほんと、わずか総量十人の群れで表情が似ていたり人名がおんなじだったりって、疑惑だし、面白いですよね。乃木坂の生駒さんなんて他にごっそりな人類多いですよね。なんでこうだぶるのですかね。さっきの二人なんて双子って言えるぐらいそっくりよね。欅坂でも今泉さんと丸ごとな鈴本美容愉さんいますよね。これなんかおんなじ隊員内でだもん。さっきの二人ほどではないに済ませろ始めてみたとき、おんなじ隊員内に似てるのいるなあと思いましたから。あたい、自分の表情が大嫌いだから、誰かと似てるなんて言われると、その人と近づきたくないですね、ほんと。脱毛ラボ 部位